コーヒーサロン『L’ALLURE HAKUSHIMA』オーナー、神原さおり氏が見つめるコーヒーの可能性

CULTURE

2019年春、広島市中区白島に誕生したコーヒーサロン『L'ALLURE HAKUSHIMA』。オーナーは、数々の大会で全国優勝などの成績を残し、現在はトップバリスタとして活躍するStyling coffee代表の神原さおり氏だ。神原氏の確かに裏付けされた妥協のないコーヒーやラテアートは、ラジオやテレビ番組でも度々取り上げられており、多くのファンを獲得している。

店内は黒を基調とした凛とした空間で、L'ALLUREオリジナルの音楽が心地よく流れており、コーヒー豆の豊かな香りが鼻をくすぐる。上質、という言葉がしっくりくる、本当の大人の空間がそこにはある。

広島という地でコーヒーの新たなカタチに挑戦する、トップバリスタ神原さおり氏にお話を伺った。

神原さおり氏のオリジナルラテアート『白孔雀』

本物を共有する、上質空間

神原氏とコーヒーとの出会いを遡ると、『食』にたどり着く。『創る』ことが好きだったという神原氏は、料理人を志し調理の専門学校に進学。その中で『食事全体の印象を決定づける大切なコーヒーを、美味しく淹れることができるバリスタになりたい』と、コーヒーの道を歩むことを決意した。

コーヒーを本格的に学び、講師を務めながら数々の大会で全国優勝などの成績を残した神原氏。東京や大阪・神戸でトップバリスタの地位を確実なものとしていった。2014年に広島に拠点を移してからは、専門学校講師、コーヒーセミナー・コーヒー教室の開催、出張バリスタなど、コーヒーを広める活動に精力的に取り組んだ。そうすると「神原さんの淹れたコーヒーが飲みたい」という声があがるのは不思議ではないだろう。そうして誕生したのが、コーヒーサロン『L'ALLURE(ラリュール)』である。

「ありがたいことに、広島に来てからもコーヒーで多くの出会いをいただきました。そのご縁をいただいた方々がコーヒーを通じて繋がれる場をつくる。フリーランスのバリスタとして独立したこの広島の地で、その場をつくることは、わたしにとって自然な流れのように感じています。」

コーヒーのある豊かな時間

サロンのコンセプトである“コーヒーのある豊かな時間”を届けるため、L'ALLUREで味わえるものは本物が選りすぐられている。

「屋号の『Styling coffee』には、“一人ひとりに合わせてスタイリングした、その方にとっての最高のコーヒー”という想いを込めています。“決まったカタチがないことがStyling coffeeのカタチ”です。でも、店舗を構えるにあたっては“L'ALLUREのカタチ”を確立させる必要があると感じました。だからこそ、『これがコーヒーがもたらす、美味しさです』と胸を張って言えるものだけを取り揃えておりますし、お客様にもそういったものを味わってほしいと思っています。」

コーヒーを通じて、そんな上質な空間を作り上げる神原氏が考える“コーヒーの魅力”とは、一体どんなものなのだろう。

「コーヒーには、人のこころを開く力があると思っています。例えば、この空間にコーヒーがない状態で私が話をするよりも、コーヒーがあって話をする方が、こころにゆとりが生まれて広がる気がするんです。コーヒーが、人をほどよくリラックスさせて自然体にしてくれるというか……。無理に飾ったり、肩肘を張るのではなく、気取らない空間を作り出せる。そこからコミュニケーションにもゆとりが生まれて、人と人を繋いでくれる存在だなとも思います。」

L'ALLUREが提供するもの

L'ALLUREは“カフェ”ではなく“コーヒーサロン”という業態をとり、驚くべきことに完全予約制である。それでも、L'ALLUREの唯一無二の空間を求めるファンは絶えず、現在では長ければ2~3ヶ月先まで予約が取れないということもある程だ。

そんなL'ALLUREの、“カフェ”ではない“コーヒーサロン”としての在り方とは、どういったものなのか。

「前提として、ご家庭で美味しいコーヒーを味わってほしい、という想いが自分の中にあります。もちろんサロンに来ていただいたからには、プロとして最善のおもてなしをいたします。けれど、それはお客様にもできるかぎり持って帰っていただきたいと思っています。ですから、お客様が望まれるかぎりは、コーヒーの種類や淹れ方、飲み方から、一緒に召し上がっていただく組み合わせまで、その意図をきちんとお伝えいたします。訪れるたびにコーヒーの新しい情報をインプットしていただき、そうやって構築されたご自身の“美味しいの基準”をご家庭に取り入れていただければと願っています。L'ALLUREで味わっていただくコーヒーには、その“体験”もサービスとして含まれております。」

L'ALLUREが提供するもの、それは美味しいコーヒーやこころ休まる空間にとどまらない。見て、聞いて、香って、味わって、触れたものすべてが『センス』となって訪れた者にインプットされるーー。そんな体験を提供しているのだ。

人生を豊かにする文化的な空間、L'ALLURE HAKUSHIMA。あなたもぜひ訪れて、五感を研ぎ澄まして味わい尽くしてほしい。

コーヒー未来

無限大

コーヒーはとても身近な飲み物です。けれど、飲料品としての役割だけではなく、私がコーヒーによって人生が変わったように、どこかでピタッとはまった時に自分の人生をとても豊かなものにしてくれる存在に変わる。コーヒーにはそんな力があると思っています。

また、コーヒーは時代によって多くの進化を遂げてきました。秘薬にしたり煮込んでスープにして食していたことから始まり、次第に豆を煎ったり漉して飲むようになり、文化とともに世界中に広がっていきました。現代では飲み物にとどまらずアートとしての芸術性を問われたり、フードと一緒にペアリングする食べ合わせまで考えて飲用されたりと、実に多様な飲み方をされています。

コーヒーがどんな風に私たちの人生に関わってくるかは、人によっても違いますし、時代によっても違います。だからこそ、コーヒーが創りだす未来は無限大だと感じます。

コーヒーに魅了された者の一人として、その進化を追いかけ、楽しみながら、これからもコーヒーの未来を見つめていきたいと思います。

取材先情報

会社名(店舗名)Styling coffee(店舗名:L'ALLURE HAKUSHIMA - ラリュール白島)
ご担当者様神原 さおり
所在地広島県広島市中区東白島20-3 GRANDE REVERIE 302
電話番号050-5318-7009
営業時間10:00〜18:00
定休日水曜日
業務内容コーヒーサロンの運営、セミナー・教室の運営、関連商品の販売
サイトURLhttp://stylingcoffee-lallure.com/
取材時期2019年

※ このページ内の情報は、取材当時のものであり最新のものと異なる可能性があります。

メンバー登録はこちらから。記事の先行閲覧の他にもご優待特典がございます。